結婚式の良い記念となるビデオ撮影

結婚を表現する言い回しとして、よく「ゴールイン」などと言われますけれども、ゴールインでもあり、人生に於けるターニングポイントでもあり、スタート地点でもありますが、とにかく重要な事である事は間違いありません。そんな結婚を、周囲に知らしめる一大イベントが、結婚式という訳ですけれども、最近では結婚式の様子を、ビデオ撮影するのが定番となっており、その時の感動やハプニング、幸せの瞬間を映像として形に残す事によって、時が経っても懐かしんだり、初心を呼び覚ましたり出来るという、大きな財産として良い記念になるという理由から、結婚式のビデオ撮影は、非常に多くのカップルから支持を集め、その需要も高いというような実情がありますが、結婚式場の、プランの中に含まれるケースもありますけれども、参列者が撮影するケースなどもあります。

結婚式のビデオを作成した感想

前日、幼稚園の時からずっと仲が良かった友達の結婚式が開催されました。その時に自分達が作成したビデオを会場で流してもらいました。みんな感動して泣いていたので作って本当に良かったと思っています。作る前はどのようにして作ったら良いのかが全く分からなかったのでスマートフォンのインターネットを使って調べてみることにしました。するとアプリケーションを使えば簡単に作れるということが分かったので早速みんなに協力をしてもらい作り始めました。結婚おめでとうなどの言葉を幼なじみのみんなにメッセージなどを言ったビデオを送ってもらってそれを繋ぎ合わせるだけで簡単に作ることができたのでとても便利だと思っています。簡単に作れるのにあれだけの感動が得られたのはとても大きな事です。これからまた友達の結婚式がたくさんあると思っているのでまた作りたいと思っています。

感動した結婚式のプロフィールビデオ

先日、大学時代の同級生の結婚式に出席しました。とても仲の良い子で、今回もお祝いのスピーチを頼まれていたので、わたしは当日の朝から緊張気味でした。挙式が終わり、披露宴会場へ移動した後、早速披露宴が始まりました。最初は、新郎新婦のプロフィールビデオからはじまったのですが、友人の小さいころからの写真を見ていると感動してしまい、わたしは最初から号泣状態でした。友人のお母さんやお父さんとも仲良くさせてもらっているので、もはや家族同然の気分だったので、感動も人一倍でした。大学時代の写真には、何とわたしの写真も登場し、「いつもありがとう」というメッセージが添えられていました。それを見たわたしは、さらに号泣して、周囲の友人たちにも笑われてしまいました。何とか無事にスピーチもおわり、本当に結婚式というのは素晴らしいものだなと、あらためて感じた一日でした。